Nouka.org
日本の農家たちの新しいサイト
(株)Jamm は、食と農の新しい関係づくりを
目指し、生産者のサイト「Nouka.org」と
生活者のサイト「たべるつくる」を運営しています。
たべる人つくる人 農家サーチはこちら
トップページへ サイトについて 生産者募集 サーチ登録 メルマガ配信 お問い合わせ リンク


あなたのご自慢の商品をシェフに試食してもらいませんか?
シェフが求めているものを知り、あなたがPRしたいことを伝える…。
そんなコミュニケーションの中から、新しい出会いが生まれるかもしれません。


 

●ピッツエリア バーレンテッシ
  目黒区東山3−6−8 エクセル東山2F
ピッツェリーアを名乗る以上、素材に注意しているお店。粉ははもちろん、塩、水、酵母まで全てイタリア製。もちろん、オリーブオイル、チーズ、トマトまで本場イタリアの味を味わえる。有機栽培のパッキーノは絶品。真のピッツァドーロはおすすめ。

 

●らっきょ
  渋谷区恵比寿西2−8−9 代官山宝ビル2F
毎日でも食べたい素朴な家庭料理を目指し、飽きのこないようアイデアを付け加え斬新なスタイルで提供。フードスタイリストと料理研究家の卵が手がけるアイデア料理はまさに絶品。自分の家にいるようにくつろげる語らいの場として女性達に人気。ケータリングやパーティなどもいろいろ相談できるのはウレシイサービスだ。



試食サンプル
ピッツェリアバーレンテッシ
中野シェフのコメント
らっきょ
望月シェフのコメント

「夢ごこち」
玄米、白米


(有)ばんば

【玄米】
まだ食べてはいないが「豆」みたいな使い方をする。 イタリアから粟を手に入れたときは、一度水でもどして、魚介のスープなどで粟の なかに味を閉じ込め、サラダなどにした。玄米もこのような使い方ができるのでは。
【白米】
普通に炊いて食べた。うまい!!研いでもくずれない。
もっちりしていて、味もしっかりしていて、おやきなどにしたらおいしいと思う。

「合鴨」


(有)ばんば

塩、こしょうで焼いて食べた。うまい!!身もしっかり、味もしっかり。フランスや中国の鴨を扱ったことはあるが、日本の鴨は珍しい。 味がしっかりしていて美味しい。水菜やネギと一緒にサラダにした。

漬物「かぶら寿し」他


(株)ぶった農産

現地の人や50代の人は素朴でおいしいと思うだろうが、20〜30代にはオオバやゆず、梅など香りで食べさせたほうがいいのでは?今の人にどうやって食べてもらうか。 美味しいと思う。

「五郎島金時」


(有)カワニ

ゆでて食べた。うまい!!さつまいもそのものの甘味があり、ドルチェ(デザート)を作るとき生クリームさえあれば砂糖はいらない。粉にしてニョッキにしても。 甘くて味がしっかりしているので、あまり加工せず、そのまま素材をいかした料理に適している。大学芋など・・・。



質 問
ピッツェリアバーレンテッシ
中野シェフ
らっきょ
望月シェフ
Q1
どんなことにこだわってお店をやっていますか?

 

うまいものを出すだけ。そのために食材を探す。
食べて安心、健康的で、おいしい。
料理の内容で勝負。食材が変わると料理の味が変わる。
ある有名なシェフがHP上で「見た目が美しいものはおいしい。」と言っていたが、 食べ物のおいしさは見た目だけではない。一生懸命作られたものはおいしい。

料理研究家、フードスタイリストを目指すスタッフによる、体に優しい食材を使った創 作家庭料理の店。
お店にくるお客さんは、自立独立した女性が多いので食べ物に敏感。時代を先取りし、おいしいものを出す。
安全(有機)野菜がベース。
人間対人間の信頼の中のことなので、有機という言葉を使わずに「安全」という言葉を使っている。
Q2
どんな食材が欲しいですか?
いい種、そして種の生命力を生かしてまじめに作られた野菜が欲しい。
日本にもおいしい素材はまだまだあると思うので、教えて欲しい。
メニューの目玉になるような生鮮品。たとえば、ちりめんキャベツや色のついたキャベツなど。イタリアから種を入れ、日本の生産者に栽培してもらうこともあるが、畑まで行けないので、収穫タイミングが難しい。
おいしくて安全な食材。たとえば、自然のりんご。お菓子作りでりんごはよく使うのだが、料理をする度に 色落ちしていたので「りんごは色が落ちるもの」だと思っていた。でも、自然のりんごを使ったときは、色が落ちなかった。
お米は市販で5kg2000円代だが、1000円高くてもおいしいものがいい。新しい食材があれば、逆に提案して欲しい。
Q3
食材の仕入れで困っていることは何ですか?
輸送コストで値が上がる。おいしくても、客に出せない。
輸送上のつぶれや、冷やしすぎ。
特にない。今、食材は自然無農薬の商品を扱っているところに注文しているが、葉っぱものは一週間に一度の配達で、足りなくなったら、近くの八百屋で購入。何店舗か組めば、価格が高くても対応できる。
Q4
生産者の方にひとことお願いします!
生産者が一生懸命作っているのはわかるが、いきなり「商売」ではなく、まずは関係作り。 食べてもらってはじめてわかるのでは?はじめは、お試しで商品を提供してもらえるとうれしい。わかってもらうまで利益は待って欲しい。
一般で売っていないものでも、業者のまわりや関係者にまず分かってもらうことから始めて、一般に拡大することを考えてみては?レストラン仲間を集めれば、ある程度量もまとまると思う。
新しい味を提供するために、メニュー開発を行なっている。新しい商品が出た時に連絡をもらえれば、いろいろと考えることができると思う。

メールはこちら All contents copyright(c) 2003 Nouka.org. All rights reserved.